• 呼吸器内科・
  • アレルギー内科・
  • 循環器内科・
  • 総合内科

鹿島内科のロゴマークは内科医としてすべての診察で聴診を行うポリシーの表現です。

tel:0427101800

東京都町田市金森東1-25-29 金森メディカルプラザAー1

長引くせき(気管支喘息、副鼻腔炎、百日咳)

  • TOP
  • 長引くせき(気管支喘息、副鼻腔炎、百日咳)
長引く咳

長引く咳は思わぬ病気が潜んでいることがあります。咳というのは気管支や 肺の内部に起こる炎症が原因で起こる症状で、体の内部の特に呼吸器という部分に異常が起こる場合に発症します。このような呼吸器の炎症を引き起こす疾患として知られているのが気管支喘息や咳喘息などの気管支の過敏症や副鼻腔炎・百日咳などの呼吸器の感染症です。

咳を引き起こす様々な病気

気管支喘息は気管支の過敏症で、冷たい冷気やほこりなどの刺激により気管支に炎症が起こる疾患です。
気管支のアレルギー反応が起こると空気の通り道を作る粘膜が分厚く変化してしまい呼吸のために必要な通り道がどんどん細くなってしまいます。このため、喘息を持っている人は定期的に薬を服用し、気管支の炎症をコントロールする必要があるので注意が必要です。気管支喘息を引き起こす原因はアレルギー物質やPM2.5の吸入など様々な要素が絡み合っています。このため、定期的に医師の診察を受け体の状態をコントロールする必要があるのです。

医療機関での呼吸機能、モストグラムや、自己評価を加えて、客観評価と自己評価のずれを判断します。咳喘息は、気管支喘息と同様、気管支のアレルギー反応によっておこる疾患です。喘息と異なり、喘鳴がありません。気管支喘息と同様に吸入薬での加療が必要ですが、除外診断ですので、簡単にゴミ箱的診断は良くありません。呼吸器専門医の診断を参考にしてください。

副鼻腔炎や百日咳などの感染症の治療は適切な薬の使用が必要になります。
副鼻腔炎は頬の内部にある副鼻腔という空間に細菌が繁殖してしまった病気で、風邪に似た症状以外に鼻水や頬の痛みなどの症状が出てきます。長引く咳の原因としても診断が重要でその対応は、症状の対応、経過を元に慎重二判断されるべきものです。
百日咳は感染症で、肺の内部にある気管支に炎症が起こり、長い間慢性的に咳が続いてしまいます。
このような細菌が感染した病気は抗生物質を使用した治療により短期間の回復が期待できます。百日咳は感染力があり子供やご高齢の方の場合には症状が非常に長引いてしまうことがあり、ご家族に感染を広げないように注意が必要で、医師の指導のもと早期に治療を行うことが感染拡大を防ぐ最良の手段です。

咳の治療の鍵は早期発見!

咳が長引いてしまうと体に負担がかかるばかりか、慢性的な気管支の刺激や炎症から咳だけが長引いて残ってしまうことがあります。
咳が続いてしまうと肋骨にヒビが入るここともあります。このような慢性咳嗽という状態になってしまうと簡単には回復せず、長期間にわたって咳止めなどの薬を服用し、アレルギーの治療、喘息の治療を行うことが必要となります。体調がすぐれず、咳でお困りの場合には是非一度ご相談ください。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性気管支炎

主にタバコ、気管や肺胞の炎症により、痰がでたり気管がせまくなり起こされる疾患です。
ある程度は禁煙により改善しますが、若年齢の時の喫煙により肺胞破壊が進行すると、数十年の年齢をへることでも症状ができてきます。労作時の息苦しさ、タンがらみが特徴になります。
診断は呼吸機能検査で判断されます。治療は禁煙に加えて、ワクチン(肺炎球菌、インフルエンザ)、吸入薬、内服薬、呼吸器リハビリを、患者さんの症状に合わせて選択していきます。
場合によっては、在宅酸素療法が必要になり、加えて循環器系の心臓疾患の注意が必要となります。やはり経験豊な呼吸器専門医の治療が望ましいです。

非結核性抗酸菌症(NTM あるいはMAC症)

結核菌の近縁の最近によって起こされる疾患で、長期の咳嗽、喀痰、血痰などが症状として現れます。
胸のレントゲン写真、タンの抗酸菌培養、抗血清などから総合的に判断して診断します。加療は現在特効薬が無く、多剤併用による化学療法がメインとなりますが、限局した病変の場合は手術したほうがいい場合もあります。
やはり経験豊な呼吸器専門医による加療が絶対です。

気管支拡張症

気管支の非可逆的な拡張により、肺周囲に慢性炎症を惹起し、肺構造を改変したりし、副鼻腔炎の合併が多いです。症状として起床時に多い咳、大量の喀痰(膿性~血性)、喘鳴となります。細菌感染が多く、抗菌剤耐性を獲得しやすく治療には注意が必要です。検査は胸のレントゲン写真、CT検査が表k潤です。時々喀痰検査とその抗菌剤に対する感受性をチェックします。治療は痰の排出の制御、喀血に対する対症療法が主体となります。喀血が頻度、量が大量になる場合は、高次病院での肺動脈の枝に対する塞栓術が必要となります。この時は高次病院への紹介を致します。

肺癌

生物学的、臨床的経過特徴より、小細胞ガンと非小細胞ガンに区別されます。臨床症状は呼吸困難、咳嗽、微熱などを伴うこともありますが、無症状の場合も多く、健診などを積極的に利用し、早期発見することが重要となります。