• 呼吸器内科・
  • アレルギー内科・
  • 循環器内科・
  • 総合内科

鹿島内科のロゴマークは内科医としてすべての診察で聴診を行うポリシーの表現です。

tel:0427101800

東京都町田市金森東1-25-29 金森メディカルプラザAー1

睡眠時無呼吸へのCPAP療法

  • TOP
  • 睡眠時無呼吸へのCPAP療法

いびきを指摘されたら要注意

いびきを指摘されたら要注意

睡眠時無呼吸症候群という病気をご存知でしょうか?眠っている間に舌の付け根の舌根という部分が沈み込んでしまい、喉の奥の空気の通り道を塞ぐことで起こる病気で、眠っている間にいびきが出る人は要注意の疾患です。肥満などの生活習慣に原因がある病気で、睡眠時に呼吸が止まることで睡眠の質が大幅に低下してしまいます。このため、睡眠の質を取り戻すCPAP療法を行う必要があります。

CPAP療法は鼻にマスクをつけ、機械によって呼吸を補助し、息吸いやすくなる治療法で、睡眠の質を取り戻す事ができます。自動車やトラックなどの運転を職業とされるかたは特に労災事故との関連から診断・治療が重要となります。また睡眠時無呼吸症候群を抱えていると心臓や血管に負担がかかり、脳卒中や心臓の血管の病気・動脈硬化の進行、不整脈などの思わぬトラブルが起こると言われています。また糖尿病の悪化などを引き起こすことが指摘されており、動脈硬化の進行:脳血管障害、認知症のリスクとなりますので、注意が必要です。いびきを指摘されたり、睡眠の質の低下を感じる方は是非医師にご相談ください。